高速道路の渋滞で困ったことありませんか?

・・・なるほど、図星ですね。


管理人のブログに訪れたという事は、

あなたは何とか高速道路の渋滞にかからないようにと・・・

それでしたら経験豊富な管理人に、あなたの悩みを解決するお手伝いをさせて頂きますね!

気になった方は、ぜひぜひ読み進めてください~。

[ad#co-2]

運転の疲れをとるツボ!車内でできる4つの解消法!

眠気覚ましに解消!ツボを押し即効で改善!テスト勉強を乗り切れ!

渋滞にならないように心がけたいこと


わかってはいるけどその前に渋滞になっているからどうしようもないと思いがちでも試す価値は十分にあると思います。

それを実験する動画があるので紹介しますね!

どうぞコチラを!
↓↓↓↓↓↓↓↓


いかがでしたか?

まずは、渋滞することでイライラすることがわかっているので心がけるポイントのおさらいが必要みたいですね!

  • 事前に渋滞情報を意識する
  • 行き先の渋滞状況の確認する!【ここで何キロ渋滞かを知っておくこと大事!対応のしかたが多少かわってきます。】
  • 渋滞に入る前から十分に車間距離を作る
  • 渋滞


などなど これを意識していくことでその後が大きく変わっていきます。

そんなことわかっているけど、いろんな状況のに遭遇しますよね!

そんな時は?

  • 渋滞区間が近づいてきたら少し速度を抑えて渋滞区間の到達を遅らせようとする!
  • 割り込まれても車間距離を確保し修正する!
  • 下り坂で加速しないよう一定速度を保ちます!

スポンサーリンク




渋滞の距離が短い場合


少し速度を落としてゆっくり走行することでその渋滞の箇所を通過するときに渋滞が解消されている可能性高いようです!

その場合でも渋滞に遭遇した場合


十分な車間距離を開け一定の速度で走行する
前方の不用意なブレーキによる流れを吸収して後続車へ渋滞を伝搬させないように心がける

渋滞が5キロ以上の場合


こんな時はなかなか解消されるのは難しくなってきます。

ですので早いうちから渋滞の吸収を意識した運転が大事になってきます。渋滞

十分な車間距離の必要さは?


そんな心がけをしていくことで【十分な車間距離】前方の急ブレーキや急な割り込みにも落ち着いて対処できるため、安全運転にもつながりますよ。

せっかくの休暇に無駄に面倒なことは勘弁してほしいですよね!

そのおかげで良いことにつながる


一定の速度を保っていくことで燃費向上にもつながりエコドライブにもなってきますよ!

運転の疲れをとるツボ!車内でできる4つの解消法!


[ad#co-1]

まとめ!


今回 渋滞の原因!その他イライラと言う感情のコントロールの問題もあります。それに対しては賛否両論あると思います。

  • 好きなBGMを流すことや
  • 車内をいい香りにする
  • こんな時のために面白い話題をためておく
  • トイレやガソリンの給油の事前準備

など今のところ画期的な得策はないのではないでしょう。

それよりも一番は、楽しいつもりで迎えたお休みが交通事故などつながらなことです。

そんなこともふまえ、心がけてみてください。m(__)m

関連記事


運転の疲れをとるツボ!車内でできる4つの解消法!

眠気覚ましに解消!ツボを押し即効で改善!テスト勉強を乗り切れ!